cosmic-logo.jpg
2018年02月27日
はいさい!

最近は近くの緑地からカエルの声がよく聞こえてきます、あんまり姿は見たことないのですが沖縄では冬眠することないので一年中居ます。

亜熱帯ですね、やっぱり。

油断していたら12月に蚊に刺されることもありますw

…この間まで沖縄でも冬は寒いって言っていたのに…


今日は少し悲しいお別れの話です。

2年以上も前、まだ高校生だった子供が庭の木にいたキノボリトカゲを捕まえてきました。

「可哀想だから逃がしてやりなよ」といっても飼うといってきかないので飼うからには出来る限り不自由なく暮らせるような環境を用意。

毎日の様にバッタを捕まえたりコオロギを買ったりして食べさせてました。

お箸でコオロギを与えても食べる様になり、上から霧吹きで水を吹くと上を向いて気持ちよさそうに浴びながら口を開けては飲んでいました。

機嫌の関係なのか色が茶色になったり緑になったり。たまに何とも言えないめっちゃめちゃきれいな緑色になり、尻尾は長く黒と緑の帯が交互に模様を描いていて自然の神秘さを手の中に実感させてくれました。

少々だらしない仕草がとにかくかわいくてかわいくて、2年ほど経った頃テレビに出てたパンダの赤ちゃん、「香香」に通じる天然の可愛さを持ち合わせてると感じたので、家族内で「こいつの名前もシャンシャンだな」ってなりました。

しょっちゅう家族を爆笑させてくれて、普段はこの系統を嫌う相方にも大の人気者でした。

そんな笑いと癒しを振り撒いてくれていたシャンシャンも去年の年末ぐらいから片目が異様に腫れて目が開かなくなり涙を流すようになりました。

けっこう長い期間の様に感じたが一向に治る気配はなく食欲も段々減少して行きました。

IMG_1009.png

かわいそうなシャンシャン…(;д;)


そして我が家に来て3年目、2月の初旬に外出先から帰ってきたら出て行く前と全く同じ場所に変わらぬ体勢のシャンシャンがいた…

この2年と数か月がシャンシャンにとって幸せな時間だったことを切に願い、囚われの身としてしまった事を謝り、もたらせてくれたよろこびの数々を感謝して弔った。

IMG_1092.png

今でも会話の中にアイツの名前が出るなどして、僕たちの中では今日も生き続けている。


posted at 17:54 | COSMIC